ブログ

2019.01.06 結婚式準備 Staff. 鬼頭 由実

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

こんにちは。
結婚式より前にする婚約の儀式といえば「結納」
結婚をする両家が顔を合わせる特別な機会です。そんな「結納」ですが、最近では「顔合わせ食事会」という
スタイルが主流になってきているよう。気になる今どきの「結納・顔合わせ」事情をご紹介!

「結納」の必要性は変化!「略式結納」が主流に

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

かつては仲人が両家を行き来し、結納品のやりとりを
していました(正式結納)が、近年結納をされる方は
両家が一同に集まっての結納(略式結納)をする方が
ほどんどです。
最近では、仲人が両家の間を取り持ちお見合いをする
よりも、自分たちで出会い・結婚するケースの方が増
え、仲人となる人がいない。また、住宅事情に合わせ
、結納品もコンパクトになりつつあるのも略式結納が
増えている理由かもしれません。

結納よりも料亭・レストランでの「顔合わせ食事会」

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

顔合わせ食事会は、両家が集まり食事をしながら親睦
を深めます。結納と同じく、本人と両家の親で行うの
が一般的です。
形式ばっておらず、自由度も高いため、堅苦しい空気
が苦手な人にオススメ。現代では実に8割近い方がこ
の顔合わせ食事会を選んでいます。
また、結納のように“結納金や結納品”の取り交わし
をしないことも多く、費用が抑えられる点も人気のひ
とつのようです。

現在の結納スタイルはさまざま!必要性も家族で話し合おう

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

開催時期はいずれも挙式の5~7ヵ月前の吉日が一般的
です。どの儀式を選ぶにしても、「結納・顔合わせ」
はふたりが婚約したことを両家で確認する大切な儀式
です。それぞれの特徴やメリットを理解し、両家の意
向が一致することが大切です。
そのため、結納は必ずしなくてはいけないもの。とい
うわけではなく、結納をする・しない。また、開催す
るのであればどんな形式で行うのかは、本人と両家の
判断に任せられています。

最近では「顔合わせ食事会」が主流になってはいますが、本人・両家の意見が一致したもので執り行
うのがベター。かつては一般的だった「正式結納」ですが、時代に沿って結婚式も結納スタイルも変
化していきます。
このほか、名古屋の結婚式場「LAZOR GARDEN NAGOYA」では結婚式にまつわる様々な疑問にお答えいたしま
す。お気軽にご相談ください!

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

STAFF.
ウェディングプランナー 鬼頭 由実

「感謝を伝える」「人生のけじめ」「パートナーのお披露目」等結婚式には様々な考え方があると思います。おふたりにとっての「結婚式とは何か?」を新郎新婦様とプランナーとで三人四脚で人生で最幸の1日を目指しています!

関連記事

Wedding Lab

インフォメーション

ブログ